お気軽にお問合せください

045-322-5055

脱炭素 カーボンフリーを目指して

「太平電機のCO2削減の取り組みについて」 

【はじめに】地球温暖化対策を話し合う国連気候変動枠組み条約の第26回締約国会議(COP26)が20211031日、英グラスゴーで始まりました。各国が産業革命前からの気温上昇を「1.5度」に抑えられるかが話し合われました。

世界では山火事や、極地の氷の減少、ツンドラの凍土の氷解、海面上昇、大型台風の発生など多くの気候変動による現象が起こっています。

これらは人類の生活を脅かすだけでなく、野生動物にも影響を与えています。

日本の野生動物の例として、ライチョウの問題があります。ライチョウは氷河期に大陸から日本に入ってきて、その後暖かくなったときに高山の山頂付近の寒冷地に生き残ったと言われ、日本は世界の南限となっています。ライチョウの餌は高山植物ですが、温暖化により、鹿が山頂付近に上ってきてそれを食べてしまったり、また天敵のハヤブサ類やカラス類、ニホンザル、やイタチ、テンなどが高山の山頂部に侵入し、ライチョウが捕食されています。

これ以上温暖化が進むとライチョウは生息地をさらに減らし、絶滅に向かって進んでしまいます。

【日本政府のCO2削減目標】は、2013年比で、2030年にCO246%削減、2050年にゼロにする目標を立てています。これをきっかけに新技術が育ち、大きな産業になることを期待しています。

 

【太平電機】では、過去から太陽電池の販売、蓄電としてリチウムイオン電池の販売など、販売する商品でCO2削減が広まることを目指してきました。

自社で排出するCO2は環境省が普及を進める環境マネジメントシステム「エコアクション21」の認証をその開始初年度に取得し(認証番号139)、毎年の審査を経て、CО2削減を推進してきました。 

エコアクション21 中央事務局 一般財団法人 持続性推進機構(IPSuS (ea21.jp) 

 

政府の基準である2013年度時点と、現在の弊社の削減状況はどうなっているか確認してみました。

年度

日本政府目標2013年比削減率%

2030

46

2050

100

太平電機CO2排出量 (kg-CO2)

年度

ガソリン

軽油

電気

合計

2013年削減率%

2013

7827

8838

9366

26031

 

2019

4628

5953

7210

17791

32

2021予定

4628

5953

0

10581

87

2023目標

0

0

0

0

100

政府の方針よりも速いペースで削減が進んでいます。

弊社内の削減対策は、LED照明の全面導入や、埼玉営業所の屋根に太陽電池パネルを導入しました。日中の営業所で使用する電力の大半をソーラーで生まれた電気に切り換え、CО2を削減しています。ハイブリッド車や電気自動車の導入などを進めてCO2の削減が進んできています。さらに2021年度は購入する電力の契約を100%自然再生エネルギーの電力としました。電気から出るCO2はゼロになる見込みです。このことを「かながわ再エネ電力利用応援プロジェクトRE100」に申請し、県内で13番目の会社として認定されました。使用する電力がすべて再生可能エネルギー由来となり、電力からのCО2排出はゼロとなりました。
この電気で電気自動車日産リーフ1台を充電し、走行時のCO2の発生をゼロといたしました。(下段写真)

 

かながわ再エネ電力利用応援プロジェクト - 神奈川県ホームページ (pref.kanagawa.jp)

 

【太平電機の今後】車両すべてを電気自動車化し、RE100の電力で充電し、CO2の排出完全ゼロ「カーボンフリー」を目指します。

環境経営は今後の企業経営として必須となり、最低限ではなく、戦略性を持って積極的に取り組むべきものと思っています。中小企業だからこそ小回りを利かせ、スピードを武器とできます。

今後は、取扱い商品の製造工程、輸送、販売までで発生するCO2をチェックし(ライフサイクルアセスメント)、トータルでの排出が少ない商品を優先販売し、排出量が少ない商品を企画開発し、普及することで社会に貢献していきます。

最新の太平電機のエコアクション21環境経営レポートはこちら

 

44期(201971日~2020630日)クリック⇒ 創造性のセッション (ea21.jp)

電気自動車日産リーフにRE100の電気を充電し、走行時CO2排出ゼロを達成

お問い合わせ

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

045-322-5055

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せはお気軽に
045-322-5055

サイドメニュー

社長ブログ