お気軽にお問合せください

045-322-5055

MF13シリーズ&ケーブル加工

ヒロセ電機のMF13シリーズは、小型の防水光コネクタです。更に電源ライン(メタル)を3芯複合できるため、遠方の機器への高速信号伝送に加え1本のケーブルで電源供給も行えます。IP67(水深1mに30分間放置)の防水性能、500時間の塩水噴霧、SMファイバとGIファイバ両方に対応などの特長がございます。屋外の監視カメラ、IoTセンサーノードなど防水が必要で給電が行いにくい場所で大きな役割を果たします。太平電機では、コネクタ単体、ケーブルアセンブリー品すべてに対応しております。

1.小型2芯防水光コネクタ

SW20シリーズより小さい!

SW20との比較

監視カメラをはじめ屋外の機器は、年々小型化しております。これに伴い接続されるコネクタも小型化が要求されております。MF13シリーズは、特に小型の屋外機器の接続に適しております。                                                                            同じヒロセ電機の屋外光コネクタ=SW20と比較した場合、外径で△5.5mm、長さで△13mm小型です。コネクタ内部の光接続を担うフェルールは、小型標準コネクタ「MUコネクタ」のものを流用しております。対応できる光ファイバは、シングルモード、マルチモードの2種類です。

2.電源ライン3芯複合化

光電気複合=1本のケーブルで!

プラグ(左)、レセプタクル(右)

MF13シリーズは、小型の光防水コネクタですが、電源ラインも3芯複合化されております。光2芯で高速信号伝送が行え、同じ1本のケーブルで電源供給も可能となります。3芯は、+、-、GNDに振り向けることができます。定格電流=1.5A、定格電圧=AC100Vまたは、DC140Vとなっております。

<プラグ型番>                                                                          MF13S-WP09C01-0203 

<レセプタクル型番>                                                                                                                                MF13S-WRF01-0203:光ファイバΦ2                                                                                                      MF13S-WRFB01-0203:光ファイバΦ0.9

3.適合ケーブルについて

光2芯/電気3芯複合ケーブル

光2芯/電気3芯複合ケーブルの構造

MF13シリーズで使用する光/電気複合ケーブルは、右図のような断面構造をしております。光コードは、0.9mm光ファイバ芯線+高張力繊維+外部被覆の3層構造。電源ラインは、AWG#22相当、絶縁体外径=1.3mmの電線、3色(赤、黒、緑)が入っております。ケーブルの中心には、テンションメンバが入っており、430Nまでの張力に耐えることができます。ケーブルの仕上がり外径=9mmです。

ケーブルのお問い合わせはこちらへ

4.屋外で中継接続ができる!

防水中継BOXを用意しております!

J/J-BOXによる中継接続

施工現場で万一ケーブルが短くて届かない場合、ケーブルを作り直すことなく右図にある「J/J-BOX」で中継延長が可能です。また、レイアウト変更へ機器の設置場所変更に伴い、ケーブルが届かなくなる場合でも、「継ぎ足しケーブル」と「J/J-BOX」を使用することで、既存のケーブルを無駄なく使用することができます。

5.コネクタキャップについて

防水レセプタクル用キャップ
SW20防水キャップ:IP67

防水キャップ(IP67)

MF13シリーズには、標準で右図にある「PVCキャップ」が添付されております。ただし、防水機能がございませんので、プラグが嵌合されない状態での屋外設置では、浸水の心配があります。このような場合、別売りの「防水キャップ」を利用されることをお勧めします。下記の通り、3種類のラインナップがございます。

・JR13WRC4:チェーン無し、金属タイプ                              ・JR13WRC5:チェーン無し、プラスチックタイプ                  ・JR13WRC3:チェーン有り、金属タイプ

6.光コネクタの研磨について

MF13シリーズに対応した光コネクタ研磨

コネクタ先端の球面研磨

光コネクタは、フェルールと言われるジルコニア(セラミクスの一種)素材の部品を採用し、その中に光ファイバが通線されております。フェルール先端の中心部には光ファイバの断面があり、断面同士が接続されることにより信号が伝送されます。この断面は非常にきれい研磨されていることで、光信号の損失を小さくすることができます。研磨にはいくつか種類がありますが、MF13では以下に対応しております。研磨形状は、全て共通でR20mmの球面研磨となりますが、光学特性のひとつの「反射減衰量」の値が変わります。この値が大きいほど「特性が良い」となります。

MF13に対応した研磨
光ファイバの種類 研磨の種類 反射減衰量
マルチモードファイバ PC研磨 27dB以上
シングルモードファイバ PC研磨 27dB以上
同上 SPC研磨 40dB以上
同上 UPC研磨 50dB以上

7.ハーネス加工とアッセンブリー

MF13プラグ+専用屋外ケーブル

シングルモードファイバ(SMF)専用ケーブル、MF13プラグ、太平電機にて在庫しているため、小ロット、短納期対応が可能です。ヒロセ電機より加工指導を受けておりますので、安心して加工までご用命ください。特性、仕様につきましては、是非お問い合わせください。

MF13プラグ、ハーネス
MF13レセプタクル+機器内配線

機器の内部配線も含めた「レセプタクルハーネス」の加工まで対応いたします。レセプタクルの逆側の電気のコネクタ、光コネクタともども最適なものを提案いたします。特性、仕様、電線長など、詳細につきましては、是非ご相談ください。

MF13レセプタクル-ハーネス

関連ページのご紹介

ヒロセ電機の防水光コネクタのベストセラー。屋外機器に多くの実績あり!

ヒロセ電機の多極防水光コネクタ。最大で24芯の光ファイバ接続が可能。U-SDIコネクタ。

ヒロセ電機:BF4M

ヒロセ電機の超小型光アクティブコネクタ。ノイズの多い環境での高速伝送に!

お問い合わせ

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

045-322-5055

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。